新築の外構工事でよくある失敗とは|横浜の外構工事ならお任せ下さい。

faq

Q

新築の外構工事でよくある失敗とは

質問 横浜の実家を取り壊して二世帯住宅を建てるにあたり、外構工事でよくある失敗について教えて欲しいです。
住宅ローンを親子リレーという形をとりますが、私としてははじめて家を建てるので分からないことがたくさんあります。
父は二回目だから自分に任せておけば良いとはりきっているのですが、若い私たち夫婦とは感覚や好みの違いもあるので、詳細までしっかり把握して私たちが主体となって施工業者と打ち合わせをしていきたいと思っています。
いろいろ勉強している中で、外構工事は専門業者に分離発注した方が良いことが分かったのですが、事前に新築の外構工事で起こりやすい失敗について知りたいと思い質問させていただきました。

yajirusi

A

ライフスタイルの変化を考えることもポイントです

家を建てるときには、どうしても家本体のことに気を取られ過ぎて外構工事についての打ち合わせを疎かにしてしまい、それが原因で失敗するケースが多いです。
外構には駐車場や駐輪場などの大事なスペースがあり、防犯対策にもつながる塀や門扉や家族の憩いの場になるウッドデッキなどを装備することもあります。
まずは外構の大切さをよく認識することが、外構工事を失敗させないための大きなポイントになります。
駐車や駐輪のスペースが足りない、塀や門扉をつけなかったなどの大きな失敗も少なくなく、今のことしか考えないで起きる失敗もあるので、今後のライフスタイルの変化もよく考えることが、外構工事の失敗を防ぐことにつながります。
横浜エクステリアビュー

このページの先頭に戻る