エクステリア工事に関することで起きやすいトラブルとは|横浜のエクステリアならお任せ下さい。

faq

Q

エクステリア工事に関することで起きやすいトラブルとは


質問 家の庭が古くなり、エクステリア全体のリフォーム工事を考えています。
はっきりとした額が覚えていませんが、横浜で家を建てたときにもエクステリア工事費としてそれなりの金額になったので、今回もかなりの出費になることは覚悟しているのですが、それ故に失敗だけは避けたいです。
特に施工業者とのトラブルは起こしたくないのですが、エクステリア工事で起きやすいトラブルにはどのようなものがあるでしょうか?トラブルを予防する方法があればそれも併せて教えてください。よろしくお願いいたします

矢印

A

完成後イメージと違ったというトラブルが起きやすいです

エクステリア工事では、完成した後に施工主のイメージと違うということで施工業者とトラブルになることが多いです。
家を建てるときと同じように、基本的にはエクステリア工事でも事前に施工業者としっかり打ち合わせをして図面や使用する商品や材料などのサンプルなども確認し、お互いに了承したうえで工事を開始します。
しかし、ただの平面図ではイメージを掴みにくく、実物ではない写真などでは色味が異なるようなことあるため、イメージギャップはこの業界では起こりやすくなっています。
これを予防するには、平面図だけではなく立体図で完成のイメージを確認したり、使用する商品の現物を見せてもらうなどしたりして対策するしかありません。その作業をしっかり行ってくれる業者と取引することをおすすめします。
横浜エクステリアビュー

このページの先頭に戻る