横浜のエクステリアならお任せ下さい。

横浜のエクステリア【ポイントとFAQ】

横浜でエクステリアの工事に対応しているのが私たちの会社です。これまでにエクステリアの工事について42年もの実績があります。豊富なプランを用意しており、それぞれの希望に合った最高の空間を演出することに努めています。さまざまなエクステリアデザインに対応しているため、それぞれの希望に近いものを提案することが可能です。和モダンデザインやレンガ調デザイン、ヨーロッパ風デザインなどを実現することができます。また、ウッドデッキを設置する施工も可能です。

エクステリア 横浜

ほかにも、幅広い施工事例があり、柔軟な対応ができます。ベテランの職人を使って妥協のない施工を行います。エクステリアについて、デザイン設計から施工、アフターまですべてを自社で行っているのが特徴です。そのため、メーカー経費や中間経費は一切かかりません。中間マージンが発生しないシステムのため、安心してご依頼いただけるでしょう。責任を持って打ち合わせから施工後のことまで対応しています。イメージの食い違いが生じないように努力しており、希望に合ったエクステリアを完成させることを目指しています。工事後には無料の点検も行っています。エクステリアについて、希望や悩みのある人は、気軽に株式会社港重工(横浜エクステリアView)までご相談ください。

01エクステリア工事とは

インテリアが室内の家具や照明や壁紙やキッチンや洗面などの建物内部の空間全体を指すのに対して、エクステリアとは庭や門扉や車庫やウッドデッキなどの建物の屋外の空間全体のことです。つまり、エクステリア工事とは、その部分に対する工事を行うことです。
エクステリアと外構を同じ意味と捉える場合もありますが、厳密には憩いを味わう空間をつくるのがエクステリア工事で、単に建物周りの舗装や排水などを行うのが外構工事と区別することができます。
実際に、建物の室内に関わる以外の工事を全てまとめて外構工事と呼ぶケースもありますが、最近では空間の環境を演出する工事として、敢えてエクステリアと外構を違う意味で使用している業者も増えています。
分かりやすく説明すれば、家などの外部にお洒落な感じを持たせるのがエクステリア工事で、あくまでも機能性を重視したものが外構工事と区別できます。
デザイン性を求めているならエクステリア工事業者に、単なるメンテナンスなどが目的な場合は外構工事業者を選択すればいいでしょう。
デザイン性を求めれば、使用する資材なども高額になりがちですが、業者によって工事価格も異なりますので、いろいろな業者を比較して依頼先を決めることをおすすめします。

02初めて家を建てるときにはエクステリア工事を忘れるケースが多い

夢のマイホームを建てるときには、ほとんど施主様はウキウキした気分になり、こだわりの空間と快適さを追求して家づくりに取り組みます。
しかし、建物に集中し過ぎるせいで、エクステリア工事のことをうっかり忘れてしまっているケースも多いのが現実です。マイホームの建築を任せた業者が、エクステリアに関しても詳しくアドバイスしてくれるならそんなことは起きませんが、そもそも家とエクステリアはセットになっていると思い込んでいる方が多く、最低限のものは揃っていても「こんなはずしゃなかったのに!」となることが全国で数多く確認されているようです。たとえば、「家の周りには塀もフェンスもなくて、砂利が敷かれていただけだった」「家が完成したら家の中が道路から丸見えだった」「自動車の駐車スペースが線を引いていただけだった」など。

初めて家を建てるときにはエクステリア工事を忘れるケースが多い

イメージとはかけ離れていたという事例は少なくないのが現実です。
住宅見学会やモデルハウスなどでは、素敵な庭が付いていたから当然マイホームにも同じようになると思うのは大きな間違いで、そうならないためには打ち合わせの際にエクステリア工事がどこまで含まれているかを確認しましょう。

FAQ一覧

横浜エクステリアビュー

このページの先頭に戻る